恋人と別れる前に準備すべきこと

しっかりとした準備をして円満に別れよう

別れ話をするための準備

このコラムをシェアする

別れ話の仕方

いざ別れ話をしようと決めたら、大切な話があるから聞いてほしいと相手に伝えましょう。
これまでの準備を経て、相手もある程度別れのときを感じているはずです。

重要なのは、メールや電話ではなく直接会って話をすること。
相手の顔をしっかり見て、誠意をもって別れたいと伝えれば、あなたの真剣な思いを伝えることができるでしょう。

また、別れ話をする場所にはある程度人目のあるカフェなどを選ぶと良いです。
二人きりになると、感情的になりケンカに発展してしまうこともあり得ます。

そして冷静に、別れたいという気持ちをシンプルに伝えましょう。
もう気持ちが無いこと、待っていても絶対に戻る意思はないのだという固い決意を相手にきちんと伝えて分かってもらえるようにしてください。

特別なにか理由を準備する必要はありません。
嘘をついても後味が悪いだけです。
時間をかけてでも、自分の別れたいという意思を伝えてください。

過ごした時間に感謝を伝える

いくら別れるとはいえ、今まで過ごしてきた時間があったことには変わりません。
楽しいことも、辛いことも、共有してきたわけですから、別れ話の最後には必ず、今まで一緒にいてくれたことに対して感謝の気持ちも伝えましょう。
一緒にいることで本当に楽しい時間を過ごせた、いい恋愛ができた、というようなことを伝えてあげることができれば、相手も別れを受け入れやすく、なによりケンカしたり後味の悪い別れ方を回避できます。
同時に、もう戻ることはないのだ、ということを相手は感じ取ってくれるでしょう。

別れるときに、準備をするかどうかで円満に別れられるかどうかは変わります。
もし別れたいと思ったら、相手への最後の気遣いとして、しっかりと準備をしてくださいね。